結婚の披露宴の挨拶

結婚披露宴の挨拶について

結婚式の挨拶の注意点

結婚式の披露宴の主賓の挨拶は最初に行われるので、とても重要です。このスピーチで結婚披露宴の印象が決まります。挨拶は短く簡潔にまとめます。長いと他のゲストが退屈してしまうからです。まずはお祝いの言葉を述べ、自己紹介をします。新郎新婦の具体的なエピソードを交えて話します。新郎新婦の仕事ぶりや人柄がわかるエピソードが良いでしょう。ふたりとの関係を明確にします。会社の説明や業績などの紹介は不要です。叱咤激励でなく、ふたりの門出を祝う内容にします。うそや間違いのないものにします。最後にはなむけの言葉で締めくくります。

披露宴でおばさまに挨拶

結婚式や披露宴では、おばさまの方からみなさんの方へといろいろな事で近寄って来られるような事があったりします。そのような経験をされた事があるような方も多くいます。特にみなさんが女性の方であるような場合にはこのような事が多くあったりします。おばさまと言いますとお年を召している方とですから、人との触れ合いが無性に欲しくなるような事があります。女性のみなさんが結婚式を迎える際にもとても喜んでくれる事が考えられます。みなさんもおばさまに対してごあいさつをされると良いでしょう。これからの事を簡単に挨拶として報告するだけで、おばさまも非常に満足いただける事でしょう。

↑PAGE TOP